2012-09-07 23:59 | カテゴリ:映画
「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」観てきました。
写真は4作品分のパンフ。

TVシリーズ、TVスペシャル、劇場版、全て観てきたオレとしては
これが最後かと思うとチョッチ寂しい(´・ω・`)
けど、だらだらと似たような事を続けるよりはスッキリして良いと思いますが。

ネタバレになるので詳しい感想は書きませんが、まぁふつーに面白かったです(´∀`)
今回、オレ的劇場版評価では2位ですね。

 面白い 1>FAINAL(4)>2>3 つまらない

ただ、最後、OOでつっこむシーンだけが納得いかない。
免許の問題とか、XXの中の様子が解らないのにOOでつっこむとか、
そういう矛盾点がなぁ…

昨日、TVで放送された2でもSATに一刑事が勝ったり、SATと一緒に行動したり、
どうも、そういうリアリティの無さが気にかかるんよ。
映画だからといっちゃそれまでだけど、現代世界の刑事物なんだから、やっぱ求めちゃいますよね。

まぁ、とにかく15年間、本当に楽しませてもらった。
バンバン銃を撃ちまくる刑事物を払拭した新しい刑事物として、本当に素晴らしい作品だったと思う。
2011-07-16 23:59 | カテゴリ:映画
行ってきました。
お目当ては以下2作。

「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 2」
「コクリコ坂から」
DSCF1301.jpg
ハリポタが18:15~20:35、コクリコが20:45~22:25
2本連続映画鑑賞ですよ(っ´▽`)っ

上の写真にも載ってますが、原作本を初版で買うぐらい、ポッタリアンなオレ。
本当なら公開初日に行きたかったのですが、仕事の都合で翌日に。
でもって、スタジオジブリ新作が公開初日だったので、ついでに一緒に観てきたわけで。

ネタバレになるので内容にふれずプチ感想。
ハリポタは毎度の事ですけど、原作を読みこんだファンにとって正直やや物足りなさは感じます。
が、ハリーの映画は原作の名シーンが、どうビジュアル化されたか、それを楽しむものと思ってます。
特に最終作だけあって、魔法バトルのビジュアルは想像以上に迫力がありました。
終盤ラストでは、ついに映画も終わるんだなぁと感慨深くなって涙ほろり。
メインキャストらに10年本当に御疲れ様、楽しませてくれてありがとうと言いたい。

コクリコは宮崎駿監督の愚息・宮崎吾郎監督の2作目。
ゲドがかなり酷かったので、過剰な期待はしていなかったのですが、まぁある意味
期待通りの内容でそんなに面白くもなかったw。

1960年代、昭和初期の恋愛物なのですが、正直、当時の人達の感性とか言動があまり理解できない。
これに共感できる人が果たして劇場にどれだけいたのか。
特にアニメのメイン客層、若い人や子供が観たら、絶対眠くなると思うんですけど。

そして相変わらずジブリ映画最大の問題点、タレント声優の起用が違和感ばりばり。
ヒロイン松崎海役:長澤まさみは、まぁ正直、棒ですよねw。
後、キャラは16歳なのに妙に老けた声に聞こえる。

風間俊役:岡田准一はまだマシだったけど、要所要所でヘタさを感じる。
特に笑い方とか、感情こもってねぇーと感じるわけですよ。
別にタレントでもアイドルでもいいから、もっと上手い人使ってほしいわ。
ただ、まぁ総合的にはゲドよりは楽しめたかな。

オレ的評価は100点満点で

ハリポタ:70点
コクリコ:60点

ってところです。

余談。
今回映画館に行って初めての事が2つ。

■初・バイク駐輪所
 チネチッタ裏に専用の駐輪所があります。
 バイク停めて、でっかいチェーンをタイヤにかけてロック。
 最初、何かキーとか取るのかと思ったけど何も無い(・・?

 どういう方式かと思ったら、帰りに精算機で自分のバイクを停めてる箇所の
 番号を入力して入金。一定時間内にチェーンロックをはずすという方式でした。
 こういう駐輪所もっとあるといいんだけどなぁ。

■初・セルフのガソリンスタンド
 駐輪所と違って、こっちは先払い。
 タッチパネル式で判りやすかったので特に迷わず、入金・給油完了。
 けど、やっぱめんどくせーねw
 セルフだからと言って安いわけでもないし、やっぱ、なるべくふつーのGS使おう。